読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり読書日記

日々の記録をつらつらと

Thinkpad X61のキーボードを換装

独り言

今更ながら1年前に買ったThinkpad X61のキーボードを、日本語キーボードから英語キーボードに換装してみた。会社でHHKを使うようになってから会社では英語キーボード、家では日本語キーボードってちぐはぐなことになっていたので。

ThinkpadのキーボードはNMB製とChicony製の2種類があるようで、ちょっと調べた感じだとNMB製の方がキータッチがいいらしい。なので僕もNMB製で探してたんだけどなかなか売ってるところが見つからなくて、換えるぞ!と決めてから結構経ってようやく実現できた。

こっちが元の日本語キーボード。気になるのはエンターキー周りのキーが小さいところ。僕は普段vimを使ってるんだけど、そのときESCの代わりにC-[を押しているので、[が小さいと本当に困る。何とか慣らして使ってたけど、やっぱり大きい方がうれしい。

こっちが換装後の英語キーボード。エンターキーが思ったより小さくてあれ?とは思ったけど、キーはみんな同じ大きさだし、まあ満足。

でも換装してちょろっと打ってみて、あれ全然キータッチが違う?って思って日本語キーボードの型番を見たら、Chicony製だった。それでそこそこ気に入ってたんだから、英語キーボードもchicony製でもよかったかもなぁ。NMB製の方がいいって評判だけど、そんなにいいってもんでもないような?まあこれからじっくり使って慣らしていきますかね。

そもそもキーボード換えるんじゃなくて、新しいノートPC買えばって話もあるけど、Thinkpadは気にいっているのでまだまだ使い続けるぞっと。あと2年ぐらい使ってるかも。